フロンティア フラヌイ温泉宿泊約款

(本約款の適用)
第1条 1. 当旅館の締結する宿泊契約及びこれに関連する契約は、この約款の定めるところによるものとし、この約款に定められていない事項については、日本の法令又は慣習によるものとします。
    2. 当旅館は、前項の規定にかかわらず、この約款の趣旨、日本の法令及び慣習に反しない範囲で特約に応ずることができます。


(宿泊引受けの拒絶)
第2条 当旅館は、次の場合には、宿泊の引受けをお断りすることがあります。
・・・・ (1) 宿泊の申し込みがこの約款によらないものであるとき。
  (2) 満室(員)により客室の余裕がないとき。
  (3) 宿泊しようとする者が、宿泊に関し、日本法令の規定又は公の秩序もしくは善良の風俗に反する行為をするおそれがあると当旅館が認めるとき。
  (4) 宿泊しようとする者が、明らかに伝染病であると当旅館が認めるとき。
  (5) 宿泊に関し特別の負担を求められたとき。
  (6) 天災、施設の故障、その他やむお得ない理由により宿泊させることができないとき。
  (7) 宿泊しようとする者が、泥酔又は言動が著しく異常であって、他の宿泊者に迷惑を及ぼすと認めたとき。
  (8) 身体・衣服が著しく不潔で他の宿泊者に不快の感を抱かせるとき。
  (9) 宿泊者が他の宿泊者に著しく迷惑を及ぼす言動があるとき。
  (10) 都道府県条例に特に規定される場合に該当するとき。

(氏名等の告知)
第3条 当旅館は、宿泊日に先だつ宿泊の申し込み(以下「宿泊予約の申し込み」という。)をお引き受けした場合には期限を定めて、その宿泊予約の申込者に対して次の事項の告知を求めることが有ります。
・・・・ (1) 宿泊者の氏名、住所、性別、国籍、及び職業。
  (2) その他旅館が必要と認めた事項。

(予約金)
第4条 1. 当旅館は、宿泊予約の申し込みをお引き受けした場合には期限を定めて、宿泊期間の宿泊料金を限度とする予約金の支払いを求めることがあります。ただし、当該宿泊期間が3日を超えるときは、予約金は3日分の宿泊料金とします。
    2. 前項の予約金は、次条に定める場合に該当するときは、同条の違約金に充当し、残額があれば返還します。

(予約の解除)
第5条 1. 当旅館は、宿泊予約の申し込み者が、宿泊予約の全部又は1部を解除したときは、別表(違約金申し受け規定)により違約金を申し受けます。ただし、団体客の一部について宿泊予約の解除があった場合には、宿泊日の前日における宿泊予約人数の20%までの人数(端数が出た場合に
    2. 当旅館は、宿泊者が連絡をしないで宿泊日の午後10時(これ以降であらかじめ予定到着時刻の表示されている場合には、その時刻を2時間経過した時刻)になっても到着しないときは、その宿泊予約は申込者により解除されたものとみなし、処理することがあります。
    3. 前項の規定により解除されたものとみなした場合において、宿泊者がその連絡をしないで到着しなかったことが列車、航空機等公共の運輸機関の不着または遅延その他宿泊者の責に帰さない理由によるものであることを証明したときは、第1項の違約金はいただきません。
第6条 1. 当旅館は、ほかに定める場合を除くほか、次の場合には宿泊予約を解除することができます。
・・・・・・ (1) 第2条第3号から第10号までに該当することとなったとき。
  (2) 第3条第1号の事項の告知を求めた場合において、期限までにその支払いがないとき。
    2. 当旅館は、前項の規定により宿泊予約を解除したときは、その予約についてすでに収受した予約金があれば返還します。

(宿泊の登録)
第7条 宿泊者は、宿泊日当日、当旅館のフロントデスクにおいて次の事項を当旅館に登録して頂きます。
・・・・ (1) 第3条第1項の事項。
  (2) 出発予定の日及び時刻。
  (3) その他当旅館が必要と認めた事項。

(チェックアウト・タイム)
第8条 1. 宿泊者が当旅館の客室をお開け頂く時刻(チェックアウト・タイム)は午前10時とします。
    2. 当旅館は、前項の規定にかかわらず、チェックアウトタイムを超えて客室の使用に応ずる場合があります。この場合においては、つぎに掲げるとおり追加料金を申し受けます。チェックアウト後、客室ご利用の場合は、規定の追加料金を申し受けます。 午後3時以降も継続使用の場合

(料金の支払い)
第9条 1. 料金のお支払いは、日本通貨又は当旅館が認めたクーポン券により、宿泊者がチェックアウトまでに当旅館のフロントデスクにおいてお支払い頂きます。ただし小切手は取り扱っておりません。
    2. 宿泊者が客室の使用を開始した後任意に宿泊しなかった場合においても、宿泊料金全額を申し受けます。

(利用規則の遵守)
第10条 宿泊者は、当旅館が定めて当旅館内に掲示した利用規則にしたがって頂きます。

(宿泊継続の拒絶) 
第11条 当旅館は、一旦当旅館がお引き受けした宿泊期間中といえども、次の場合には、宿泊者による宿泊継続をお断りすることがあります。
・・・・ (1) 第2条第3号から第10号までに該当する事態となったとき。
  (2) 宿泊者が前条の利用規則に従わないとき。

(当旅館の責任) 
第12条 1. 当旅館の宿泊に関する責任は、宿泊者が当旅館のフロントデスクにおいて宿泊の登録を行った時又は客室に入った時のうちいずれか早い時に始まり、宿泊者が出発するため客室を空けた時に終わります。
    2. 当旅館の責に帰すべき理由により宿泊者に客室の提供ができなくなった時は、その宿泊者に同一又は類似の条件による他の宿泊施設を斡旋します。この場合には、当旅館が客室の提供を継続できなくなった日及びその後の宿泊料金はいただきません。
    3. 当旅館は、戦争、天災、火災、同盟罷業又は当旅館が支配することができないほかの原因による時は、本約款に基づく義務の不履行について責任を負いません。

(管轄及び準拠法) 
第13条 本約款に関して生じる一切の紛争については、当旅館の所在地を管轄する日本の裁判所において、日本の法令に従い解決されるものとします。

以上
ページのトップにもどる

 

フロンティア フラヌイ温泉利用規則

旅館の公共性と安全性を維持するため、当旅館をご利用のお客様には宿泊約款第10条に基づき下記の規則をお守りいただくことになっております。この規則をお守りいただけない時は、宿泊約款第11条により宿泊のご継続をお断りさせていただきます。


(1) 廊下及び客室内で暖房用、炊事用などの火器およびプレス用のアイロンなどをご 使用にならないこと
(2) 布団の中など、火災の原因となりやすい場所で喫煙をなさらないこと。
(3) 高声放歌や喧騒な行為、その他で、他人に嫌悪感を与えたり、迷惑を及ぼしたりするようなことのないこと。
(4) 廊下および客室内に次のようなものを持ち込みにならないこと。
  (イ) 動物、鳥類。
  (ロ) 著しき悪臭を発するもの。
  (ハ) 著しく多量な物品。
  (ニ) 火薬や揮発油など、発火あるいは引火しやすいもの。
  (ホ) 適法に所持を許可されていない鉄砲、刀剣類。
(5) 廊下及び客室内で、賭博及び風紀を乱すような行為をなさらないこと。
(6) みだりに外来者を客室内に引き入れたり、客室内の諸設備、諸物品などを使用させたりなさらないこと。
(7) 客室やロビーを事務所、営業所代わりに使用なさらないこと。
(8) 廊下及び客室内の諸設備、諸物品をその目的以外の用途に充てないこと。
(9) 客室内の諸物品を旅館外へ持ち出したり、旅館内のほかの場所に移動したりなさらないこと。
(10) 旅館の建築物や諸設備に異物を取り付けたり、現状を変更するような加工をなさらないこと。
(11) 旅館の外観を損なうような品物を窓にお掛けにならないこと。
(12) 旅館内で他のお客様に広告物を配布するような行為をなさらないこと。
(13) 廊下やロビーなどに靴やその他の所持品を放置なさらないこと。
(14) 飲食物の出前をお取りにならないこと。
(15) お勘定はチェックアウトまでにお支払い下さること。宿泊期間中でも長期宿泊の場合、旅館から請求があったらお支払い下さること。
(16) ご宿泊日数を変更なさる場合は、前もって旅館フロントにあらかじめご連絡下さること。
(17) ご宿泊日数を延長なさる場合は、それまでのお勘定をお支払い下さること。
(18) お預かりの品物や、お忘れ物の保管は、特に指定の無い限りご出発後6ヶ月までとさせて頂きます。

以上

ページのトップにもどる